YAHOOの方が良く検索される理由

私の、楽天アフィリエイトを使った通販サイトはYAHOOGooleどちらからも検索されて来ますが、どちらかと言うとYAHOOの方が多いようです。
Gooleはサイトマップを作ってすべてのウェブ ページの情報を Google に通知して、ページを変更した場合でもより確実にクロールされるようにすることができます。
このサイトマップを利用しているので、確実にクロールさせるわけです。
しかし、YAHOOはトップページをクロール登録しただけなのにきちんと他のページも登録されているようです。

 

YAHOOの検索エンジン対策ではサイトの内容が充実していてページ数の多いサイトを好むといわれています。
YAHOOのカテゴリに登録される理由の1つにも、充実したサイトで他のサイトとは違うコンテンツがあるなどがあります。
Gooleはページ数は内容が濃くなくてもページ数が多くて相互リンクを多数しているサイトを上位表示する傾向があります。
私のアフィリエイトサイトは掲載したい商品の他にも類似品も載せて、1ページ1ページ時間をかけて作成しています。
そのおかげなのでしょうか!?
でもGooleはサイトマップを作ったおかげでサイトが検索結果に出るのが早かったです。
YAHOOは登録されるのは遅かったのですが、1ヶ月くらいしたらYAHOOのの方も新しいページがどんどん登録されていったようです。

 

どちらの検索エンジンも登録されているか調べるには検索窓にホームページアドレスを入れて検索します。
ページが登録されていない場合は、「・・・・に関する情報は見つかりませんでした。」となります。
登録されている場合は、下記のように表示されリンクしているページや登録されているページが確認できます。

 

Gooleのキャッシュ
関連したページ
リンクしているページ
ウェブページの検索
含むページの検索

 

現在では、YAHOOが少し変わったようで、検索エンジンに好かれるサイトにするにはコツがあるようです。
このサイトもGooleの方が多くなっています。
Gooleに好かれるのは簡単なようですが、YAHOOで上位に出ているサイトは、以前から人の為に作っているサイトや記事もしっかりと書かれているサイトなどのようです。
新しく作ったサイトがYAHOOで上位になることはなく、徐々に検索順位が上がってくるようです。
初心者はYAHOOで検索するので、YAHOOへの対策をした方が良いと言われていますが、裏技的なサイトや一気に記事を投稿したようなサイトは好まれないようです。
一度作ったサイトは更新をしなくなる可能性も高いので、YAHOOでは順位が下がってくるのでしょう。
楽天ブログなどで毎日記事を投稿している事を続けているサイトは、YAHOOにも好かれる可能性があります。
しかし、長期間続けている人は現実的には少ないので続ける事を大切にしなければなりません。

 

追加事項

YAHOOからの検索数が減少の傾向があります。
以前はYAHOOの方が多いという現実があっても、定期的な見直しによって順位の変動が起こってしまいます。
今ではGoogleの方が上位し易い傾向があり、YAHOOではアフィリエイトサイトを嫌う可能性もあります。

スポンサードリンク