副業の確定申告の必要性とは

副業確定申告については、みなさんどのようにしてらっしゃるのでしょうか?副業で収入が入り始めると、やはり確定申告が気になってきますね。
副業と言っても収入の金額によって確定申告が免除されている事もあります。
その場合は、所得税がかからない収入と言う事になります。
副業確定申告は、みんなどうやっているんだろう?
そう思われる方が多いでしょう。
ただ、こればかりは会社に聞いてみようか、というわけにはいきません。
なぜなら会社で副業を禁止している所も多く、会社にばれると最悪の事態では解雇という事もありえるからです。
普通に会社勤めをしているサラリーマンの方なら、会社に副業がばれないようにしないといけません。
会社の規定で、副業はどこでも許されていないはずだからです。

 

 

 

 

では、この副業確定申告、どのようにしたらいいのでしょうか?
副業確定申告で、会社にばれないようにしたいのですが、そんな方法はあるのかというと、まず、副業が会社側にばれてしまうのは、だいたいは住民税の支払いの時です。
これは、特別徴収制度によるもので、会社の給与以外の収入に対する住民税の支払いも、会社の給料の分とあわせて会社が源泉徴収する制度となっているからです。
しかし、所得税と同様に副業の収入額が少ない時には、住民税も免除される事があるので全ての人が当てはまるとは言い切れません。
では、この制度があっても副業確定申告を上手に済ませる方法があるのでしょうか?
実はあるんです。
副業確定申告する際に、住民税の欄に住民税の支払いを特別徴収にするのか普通徴収にするのか、を選択してチェックを入れるようになっているんです。
ここで「普通徴収」を選択すれば大丈夫です。
そうすれば副業確定申告は、会社にばれずにうまく進みます。
普通徴収とは、副業をしている本人に住民税の請求がいくようになるものです。
そうすれば会社側に住民税支払いの通知は行かなくなるので、副業がばれない、というわけです。
この方法を知っていればサラリーマンでも安心して副業確定申告ができます。
なお、20万円未満の副業収入の場合は、確定申告が不要であることをお伝えしておきます。
あくまでもこれは本職を持っており、副業と言う形で楽天アフィリエイトなどの副業を行っている人の事です。
会社を辞めて副業が本職になった時には、個人事業主として税金を納める必要が出てくるので注意が必要です。
しかし、本職としてやっている場合でも、収入が極端に少ない場合には、確定申告が免除されます。

主婦の方がお小遣い稼ぎとして楽天アフィリエイトなどをやっている場合には、本職となりますが、収入額が少なければ所得税や住民税はかかりません。
また、事業所得として扱われるのではなく、雑所得として扱われるようになります。
事業所得の場合には、収入額から控除額を引いて、更に必要経費などを引いた額がプラスになった時に初めて所得税がかかります。
個人事業主としてやっていくには、色々と事務処理が大変になってくるでしょう。
主婦の方が、楽天アフィリエイトなどをやっていて、収入が少ない時には、家庭内労働者として扱われ、内職の時のように必要経費を引くことができ、収入から65万円が控除されます。
家庭内労働者として扱われれば、65万円までの収入までは無税と言う事になりますね。
しかし、アフィリエイトは家庭内労働者として扱うかは、各市町村などで見解が異なるので、まだハッキリした事は言えない状況です。
詳しい事は、お近くの税務署で相談されると良いと思います。

追加記事

主婦の人でアフィリエイト報酬のみの人は、基礎控除の38万円以上の収入があれば、確定申告の必要性が出てきます。
しかし、楽天アフィリエイトではポイント制ですし、換金しなければ(買い物をしなければ)報酬を受け取った事になりません。
税務署でも確定申告が必要あると確実に言えないのが、楽天アフィリエイトのようです。
確実に1年間で38万円以上、またはサラリーマンでは20万円以上の報酬を得ているなら確定申告を行う必要があります。
また、いくら報酬があってもポイントを商品に変えなければ、収入があったとは言えず確定申告の必要性はありません。

 

フリーの方は確定申告に、楽天アフィリエイトの報酬も足す必要がありますが、12月で使った分のポイントのみ確定申告すれば良いのです。
翌年の1月までポイントを貯めて置いた場合は、翌年の収入として計算に入れます。

スポンサードリンク